役所で行う引越しの手続きとは?

 

引越しをする際に役所で行う引越しの手続きには

どのようなものがあるのか知っておきたいですよね。

 

そこで、それら手続きについてお話したいと思います。

家族で引越しをするケースについてお話します。

 

役所で行う手続きとしては、転入届転出届があります。

 

 

まずは、もともと住んでいた役所へ出向き、

転出届を書いて転出証明書を交付してもらいます。

 

その後で、今度は新住所の役所転入届転出証明書とともに提出します。

このときに注意しなくてはならないのが、

転入届は転居後14日以内に提出する必要があるということです。

 

この期限を過ぎた場合、最大で5万円の過料を支払わなければなりません。

過料とは罰金と違って刑罰ではありませんが、専門的なところなので

分かりやすく罰金のようなものだと思っていてください。

 

転出証明書の交付が済んだらこんどは

印鑑登録の廃止届けをする必要があります。

 

その後、新住所の役所で印鑑登録を行います。

 

新住所の役所で手続きをするときに、

年金手帳も持参していくと良いでしょう。

 

あとは、国民年金保険の手続きも行います。

しかし、通常この手続きは会社が行ってくれるため、

不要といえますが自営業の方などは必要な手続きとなります。

 

あとは国民健康保険の返納手続き

転校の手続き(在学証明書の発行を受け、それを新住所の役所に提出します)、

愛犬の登録手続きがあります。

 

無料の一括見積もりサービスはこちら >>>

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ