単身者の引っ越しで最安値はどこか知っていますか?

 

単身で引越しする場合の最安値は「単身パック」などの

単身者専用のサービスです。

 

その中でもヤマトホームコンビニエンス

「単身引越しサービス」が安いです。

 

各社とも、荷物の量や重さ、容積など、

それぞれ決まっていますので注意してください。

 

積みきらない場合に運ばないというわけではありませんが、

料金が高くなります。

 

単身引越しのパック料金

 

単身引越しで格安のパック料金を各社相場の料金で比較してみました。

 

ヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマト)

フルサイズ 12,000円~

ボックスサイズ 104×104×170cm

ミニタイプ 11,000円~

ボックスサイズ 104×104×130cm

 

サカイ引越センター

30,000円~ 詳細は見積もりで

 

赤帽

13,500円~ 軽トラックでの引越し

 

アリさんマークの引越社

28,000円~

 

日通

単身パックS 15,000円~

ボックスサイズ 108×74×155cm

単身パックL 16,000円~

ボックスサイズ 108×104×175cm

 

ただ、この料金はあくまでも参考としてみてください。

実際には見積もりを取ってみないと分かりません。

 

 

激安の単身引越し

 

単身引越しで「100円引越センター」

という激安のところがあります。

 

ちょっと安すぎて逆に心配になってしまいますが、

これには条件があります。

 

それは、同時にインターネット回線に申し込みをするということと、

荷物の量や移動距離に制限があります。

 

近場に引っ越すという方なら、大きいものや重たいものを

だいたい運んでもらって、あとは自分たちで少しづつ運ぶ

というようなやり方で利用してもいいのではないでしょうか。

 

この「100円引越センター」は全国対応しているそうです。

 

主な地域ごとでは、東京や埼玉「ケーエー引越センター」

単身引越しで激安だそうです。

 

大阪では、「アップル」「引越しのTime」

京都では「平安引越サービス」などが激安と評判です。

 

注意してもらいたいのは引越し業者を決めるときには、

まずは「一括見積もりサービス」

何社か見積もりを取ったほうがいいです。

 

だいたいの相場が分かりますし、その後の交渉にも役立ちます。

 

 

単身者の引越しはベッドを運べない?

 

単身者の引越の場合、荷物が少なければ「単身パック」を

利用したほうがいいですが、注意したいのがベッドです。

 

単身パックボックスという専用のカゴ台車に積んで運びます。

なのでこのボックスに入りきらないといけないのです。

 

例えば日通の「単身パックL」が

175×108×104cmです。

これに対してシングルベッドはタテヨコが

195×97cmです。

 

なので

ベッドは単身パックのボックスには入りません。

 

別に運ばないというわけではありませんが、

他の方法で運ぶことになりその分料金が高くなります。

 

なんだか面倒ですよね。

 

でも、大丈夫です。

自分であれこれ考えなくても「一括見積もりサービス」を利用すれば

引越しの内容を伝えるだけで引越し業者のほうが見積もってくれます。

 

しかも、まとめて何社かいっぺんに取れますので、ぜひ利用してみましょう。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ