同市内の引越しでやることをリストにしてみました

 

何かと不安が多い引越しですが、

同市内に引越す場合は遠方などに引越す場合と比べて

手続きが多少楽になります。

 

今回は遠方に引越すときと同市内に引越すときの

やることの違いについてリスト化しようと思います。

 

<引越し先が決まったらすぐにやること>

①引越し業者を選定(自分で全て運ぶ場合は不要)

②現在の住居・駐車場の解約

③住居の片付け・荷造り開始

 

<引越しの2週間前までにやること>

①携帯電話等の通信関係の住所変更

②粗大ゴミや不必要家具の処理

 

<引越しの1週間前までにやること>

①銀行などの手続き

②電気・水道・ガスの手続き

③郵便物の転送届け

 

<引越しの前日にやること>

①冷蔵庫・洗濯機の水抜き

 

<引越し当日にやること>

①残った荷物やゴミの処理

②部屋の掃除

③電気ブレーカーを落とす

④鍵の返却

 

<新居で引越し当日にやること>

①ガスの開栓立会い

②ネットの開通

 

<引越し後2週間以内にやること>

①転居及びその他役所での手続き

②運転免許証の住所変更

③電気・水道・ガスの支払い方法連絡

④その他各種住所変更

 

基本的な流れは通常の市外への引越しと

ほとんど変わりありません。

 

違う点は、同市内なので業者を使わず

自分で荷物を運ぶことができるということと、

役所の手続きが一度で住むということです。

 

まず運搬についてですが、

もちろん引越し業者に頼んでも良いと思います。

 

しかしながら自分で運んだときとの費用の差が大きいので、

できるのであれば家族などの手も借りながら

自分で運ぶことをお勧めします。

 

また、大きな家具のみ業者にお願いする

ということもできますので、その点は運ぶものの大きさや

料金などをみて良い方法を選んでください。

 

もし業者を利用する場合は、引越しが決まった時点で

複数の業者に見積ってもらうのが良いでしょう。

 

次に役所での手続きです。

 

市外への引越しであれば事前に旧居の役所で

転出届を取得しておく必要があるのですが、

同市内の場合は必要ありません

 

引越し後2週間以内に役所に行って

転居届を提出するだけで済みます。

 

引越し前には手続きができませんので、

必ず引越し後に行ってください。

 

せっかく1回で済むのに、引越し前に行ってしまい

結局2回行く羽目になっても面倒ですよね。

 

また、その他の住民基本台帳カードや国民健康保険、

国民年金などの手続きも転居届の手続きの際に

まとめてできるので、1回で終わらせましょう。

 

なお印鑑登録の住所変更は転居届の手続きをすれば

自動的に行われるので、手続きは何も必要ありません。

 

同市内間の引越しは確かに多少楽ですが

計画的に行わなければ後々困ることも出てきます。

できることから早めに、抜かりなくやりましょう。

 

無料の一括見積もりサービスはこちら >>>

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ