一人暮らしの引越しでやることをリストにしてみました

 

不安が多く、何から手をつけていいのか悩ましいのが引越しです。

今回は一人暮らしの引越しの際にやることを簡単にリストにしてみました。

 

 

<引越し先が決まったらすぐにやること>

 

①引越し業者の選定

業者によって金額が大きく変わってきます。

複数業者で見積もりをしてもらいましょう。

大きな荷物がないのであれば単身引越しパックが安上がりかもしれません。

 

②現在の住居・駐車場の解約

大家さんや管理会社にはすぐに連絡しましょう。

管理会社によって退居までの流れも違ったりするので

わからないことはこのタイミングで確認しておきましょう。

 

③住居の片付け・荷造り開始

できる片付けから取り掛かりましょう。

 

<引越しの2週間前までにやること>

 

①携帯電話等の通信関係の住所変更

引越し後に不便の出ないようインターネットや携帯電話の手続きは抜かりなく。

 

②粗大ゴミや不必要家具の処理

大型のゴミや家具の処分・売却には時間がかかることがあります。

 

<引越しの1週間前までにやること>

 

①転出届け等の役所関係の手続き

早めにしたいですが役所関係は引越しの

2週間前にならないと手続きができないので要注意です。

 

②銀行などの手続き

銀行・保険・証券会社などに

必要な住所変更等の手続きは確認しておきましょう。

 

③電気・水道・ガスの手続き

解約・新規の契約をしましょう。

ガスは新居にて開栓の立会いが必要です。

 

④郵便物の転送届け

住所変更し忘れていたものも一定期間新居に転送してくれます。

 

<引越しの前日にやること>

 

①冷蔵庫・洗濯機の水抜き

 

<引越し当日にやること>

 

①残った荷物やゴミの処理

 

②部屋の掃除

 

③電気ブレーカーを落とす

 

④鍵の返却

 

<新居で引越し当日にやること>

 

①ガスの開栓立会い

 

②ネットの開通

使えないと何かと不便なので、すぐにできるようにしておきましょう。

 

<引越し後1週間以内にやること>

 

①転入の手続き

まずはこれを行わないと、その他の手続きに支障が出ます。

 

②運転免許証の住所変更

転入手続きが済んだら次は免許証の住所変更です。

 

③電気・水道・ガスの支払い方法連絡

郵送でできますが、最近はネットでも

できたりするので確認してみてください。

 

④その他各種住所変更

自動車やバイクがある方は住所の変更、

その他やり忘れていた重要な住所変更も早めにしましょう。

 

 

今回は簡単にリスト化しましたが、これが全てではありませんし、

人それぞれやることには違いがあります。

 

わからないことは、各種契約先等に連絡して

どんな手続きが必要なのかを確認しましょう。

 

無料の一括見積もりサービスはこちら >>>

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ