引越しの見積もり訪問ってどんな感じ?

 

引越しの見積もりをしに業者の方が訪問してくるっていうけど、

・知らない人を家に入れるのは嫌

・知らない人と話すのが苦手

・部屋が汚くて見られたくない

・掃除や片付けが面倒

などいろいろ心配がありますよね。

 

そこで、見積もりの訪問についてまとめてみました。

 

 

見積もり訪問時に掃除や片付けはするべき?

 

部屋が汚いと見積もりをしに訪問されるのは嫌ですよね。

そのために片付けや掃除をするのも面倒です。

 

でも、見積もりをするのに部屋が散らかっていると、

荷物の量がわかりにくくなってしまいます。

 

荷物の量に応じてトラックの大きさを決めるので、

その分値段にも影響してきます。

 

正確に見積もってもらうためにもある程度片付けておくことをお勧めします。

 

他にも第一印象でその後の対応も変わってきますので、

気を付けるようにしてください。

 

掃除のほうは常識の範囲でやっておきましょう。

 

 

単身者の場合見積もり訪問はない?

 

単身者の場合、格安の「単身パック」というサービスを

提供してる会社もありますが、こちらは格安ということもあって、

訪問での見積もりがありません。

 

訪問して実際に見てもらわないと心配になってしまいますよね。

 

単身パックというのは決まった大きさのカゴに荷物を入れて運びます。

そのカゴ一つがいくらという料金設定になっています。

 

このカゴに大きなものから順に入れていくとして、

もし入りきらなかった場合、段ボールがいくつか余ります。

 

そこで、カゴを2つ頼むとなると料金が高くなりますので、

積みきらなかった段ボールの荷物は普通の宅配で送るようにします。

(ただし、割れ物などは引っ越しサービスのほうに積むようにしましょう。)

 

なので、過剰な心配をする必要はなく、

注意したいのは一番大きな荷物がカゴに収まるかどうかです。

 

 

見積もり訪問で女性社員はいないの?

 

女性の単身者の場合、営業の男性を部屋に入れるのは

ちょっとためらいますよね。

 

そういう場合は事前に業者の方に相談すると

女性社員の方が対応してくれる場合もあります。

 

もし無理な場合は、知り合いの方やご家族の方に

付き添ってもらうようにしてください。

 

 

訪問なしでの見積もりはできる?

 

いろいろ事情があって、見積もり訪問が嫌だという方もいると思います。

 

もちろん、電話だけでも見積もることはできますが、

だいたいの金額しか出ませんし、ヘタをすると追加費用が発生する場合もあるでしょう。

 

また、言葉だけでは正確に伝わらずにトラックに積みきれなかった場合、

トラブルの原因になってしまいます。

 

なので、見積もりは実際に来ていただいてしっかり見てもらうほうがいいです。

 

 

見積もり訪問後の断り方

 

訪問時に断ることはあまりないかもしれませんが、

とりあえず見積もりが終わった段階で後から連絡する旨を伝えましょう。

 

キャンセルする場合にはメールか電話で会社のほうへ連絡してください。

担当の営業に電話をするとしつこくされるかもしれません。

 

もし、理由を聞かれたら

「都合がついたので知り合いにお願いすることになりました」

と言っておきましょう。

 

 

引越しの見積もりは訪問と電話どっちがいい?

 

引越しの見積もりを取る場合、

簡単に電話で済ませたいという場合もありますよね。

 

でも、お勧めは訪問してもらって実際に見てもらうことです。

 

特に女性の場合、営業の方が男性ということがほとんどなので

部屋に入れたくないと思います。また、部屋が汚い場合もそうですよね。

 

しかし、電話だけの見積もりだと荷物の大きさや量を

正確に言葉で伝えないといけません。

 

トラックに荷物が積みきれなかったら大変ですからね。

 

積みきれなかった場合電話での見積もりだと、

責任を押し付けられる恐れもあります。

 

その点、訪問見積もりなら見積もりしたのは業者のほうなので

そのようなトラブルはありません。

 

なので、引越し業者のほうでも電話での見積もりでは、

余裕をもって見積もるので料金が高くなりがちです。

 

 

見積もり訪問は同時でもいい?

 

引越しの見積もり訪問を同時にやることに対してマナー違反という意見もありますが、

お客様からすると、そんなマナーがあるのかといった感じだと思います。

業者目線の意見ですね。

 

あまり深く考えないほうがいいのではないでしょうか。

 

同時に訪問してもらってお互いに競わせるほうが早いので

そういう方法もありだと思います。

 

ただ、営業マン同士で申し合わせることもあり得ますので、

別々に来ていただいて見積もりを出してもらい、

他社の金額をもとに個別に交渉したほうが安くなるのではないでしょうか。

 

 

見積もり訪問の時間はどれくらいかかる?

 

見積もりの訪問時間は荷物の量や部屋の広さにもよりますが、

10分~1時間位です。

 

その他にも値引き交渉をするとその分時間が長くなります。

 

早く済ませたい気持ちはわかりますが、ある程度時間を使って交渉することで

納得のいく形になります。

 

訪問の時間帯は夜でも全く問題ありませんし、土日でも全く問題ありません。

事前に相談するようにしてください。

 

 

見積もり訪問は何社ぐらいに来てもらえばいい?

 

引越しの一括見積サイトを利用すれば、最大10社の見積もりが取れます。

 

その後メールか電話で連絡が来るのでその時の対応なども考慮して、

3~5社に来てもらうといいでしょう。

 

もちろん本人の自由ですが、

それ以上になると対応するのに疲れてしまうかもしれません。

 

 

見積もり訪問に複数の業者に来てもらうには?

 

引越し料金を抑えるためには、複数の業者に相見積もりを取ることです。

もちろん自分で好きな業者に連絡していってもいいですが、

とても面倒ですよね。

 

そこで、引越し業者の一括見積サイト

というのがありますので、利用しましょう。

 

複数の業者の見積もりを一括でとることができ、

その後訪問してもらうといいでしょう。

 

 

見積もり訪問で確認したいこと

 

見積もり訪問時に次のことを確認しておくといいでしょう。

 

・追加料金がないこと(契約時に再度確認)

・不用品等の回収について

・荷物や建物を破損した場合の補償

 

相見積もりを取る場合メモしておくと聞き忘れがないですよ。

分からないことは後からでも担当者に連絡して聞けばいいので

あまり神経質にならなくても大丈夫です。

 

 

見積もり訪問時に準備するもの

 

見積もり訪問時に準部するものは特にありません

 

ただ、他人が部屋に入って見て回りますから片付けぐらいはしておきましょう。

 

お茶を出す場合はペットボトルだとそのまま持って帰ってもらえるし、

洗い物もなくて便利です。

 

 

訪問見積もりの流れ

 

見積もり訪問時は荷物を見て見積書を作成するだけですので、

相手の営業マンに任せておけば大丈夫です。

 

しかし、営業マンの話をだらだら聞くのも嫌だと思いますので、

コツとして、最初に時間の制限があることを伝えます。

 

この後出かける用事があると言って時間を決めてしまう事です。

30分もあれば十分です。

 

それから、注意したいのが「今この場で決めていただければこの金額でできます」

と言って即決させようとしてくることです。

 

その金額で納得すればいいのですが、相見積もりを取って

なるべく安くしたい場合は、即決しないで他社の見積もりも出してもらい、

それから交渉するようにしてください。

 

無料の一括見積もりサービスはこちら >>>

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ