引越しのときエアコンの取り外し取り付けはどうすればいいの?

 

エアコンの移設工事は引越し業者のほうで提携してる専門業者があるので

そちらを紹介していただけます。

 

ただ、他社のことなので値引きがあまりできません。

なるべく安い料金で済ませたい場合は一括見積できるサービスがありますので

そちらを利用してみてはいかがでしょうか。

 

引越し先が賃貸の場合には、エアコンが設置可能か確認しておきましょう。

エアコンを設置するには本体と室外機をつなぐパイプの穴をあけないとなりません。

賃貸住宅ですと勝手に壁に穴をあけるわけにはいきませんので、

穴がない場合は許可を取るようにしてください。

 

 

エアコンの取り外し取り付け料金の相場

 

8,000円~15,000円ぐらい

 

エアコンの設置場所(本体と室外機)などによって追加料金が発生します。

 

 

引越し業者ごとのエアコン移設費用

 

だいたいの金額になりますが業者ごとの費用をまとめてみました。

パック料金はパイプが何メートルかついているものと

化粧カバーが何メートルかついているものです。

 

詳細については直接確認してください。

 

 

サカイ引越しセンター

 

取り外して処分する場合       5,000円

移設の場合

基本工事            10,000円

スーパーパック          19,000円

スリムダクトパック         23,000円

 

 

アリさんマークの引越し者

 

取り外して処分する場合       6,825円

移設の場合

基本工事            11,550円

スーパーパック          21,000円

スリムダクトパック         25,000円

 

 

アート引越センター

 

移設の場合

基本工事             15,000円

ホース              3,000円/m~

化粧カバー   2m追加で17,000円請求されたそうです。

 

 

日通

 

工事のほうはお願いできますが、

料金については直接見積もりをお願いしたほうが良さそうです。

 

 

ヤマト(クロネコ)

 

取り外し工事            8,000円~

取り付け工事           12,000円~

 

取り外し取り付けのパック料金が27,000円~とお得なようです。

(他社と比べてお得という事ではありません。)

 

 

ヤマダ電機

 

ちなみにヤマダ電機も調べてみました。

取り外し工事            6,000円~

取り付け工事

基本料             17,143円

パイプ延長            3,000円~

化粧カバー            5,000円~

 

 

電機屋

 

近所の電気屋さんにお願いするというのもありだと思います。

近所なので悪いうわさが立てば小さな会社ですし、

たちまち商売ができなくなるので下手なことはできません。

 

料金は割高になるかもしれませんが、信頼面では一番ではないでしょうか。

 

 

その他地域ごとの移設費用

 

特に大阪、横浜、熊本でのエアコン移設費用を調べてみましたが、

10,000円~できるところが多数あります。

 

 

 

 

トラブルについて

 

エアコンを移設するときに追加料金のトラブルが良くありますので、

よくあるトラブルについて事前に知っておきましょう。

 

 

配管の交換は必要?

 

エアコンの設置場所によって配管の長さが足りない場合、

足すことができないのですべて交換になります。

 

劣化の場合はケースバイケースで直前まで使用できていれば、

たいていの場合使えるようですが、設置から1、2年の比較的新しいものでも

ガス漏れする場合もあり、また、新品でない限り保証がありませんので、

あとはご自身の判断が重要になります。

 

 

ガスチャージは必要?

 

エアコンの移設工事をするにあたって、基本的にガスチャージは必要ありません。

移設前まで問題なく使用できていたのであれば

施工ミスが考えられます。

移設でガスが抜けることはありません。

 

 

フレア加工料って何?

 

エアコン本体と室外機をつなぐパイプの接続部分を

接続しやすいように加工します。

 

重要な作業ではありますが工具を使った簡単な作業なので

信用のある業者さんは請求してくることはありません。

(接続するためのあたりまえの作業になります。)

 

 

壁の穴あけ料は請求される?

 

普通は工事料金に含まれていますが、

鉄筋コンクリートのような頑丈な壁の場合は

追加料金が発生する場合があります。

 

 

真空引きって何?

 

配管を接続した後に配管内の空気を抜く作業です。

通常は基本料金に含まれていますので追加で請求されることはありません。

 

 

電源の確認

 

エアコンの機種によって電源が100Vのものと200Vのものがあり、

リビングなど広い部屋に付けるものは200Vの場合があります。

その場合返還工事が必要で追加料金が必要になります。

 

 

化粧カバーは付けたほうがいい?

 

名前の通り見ためが主な役割なので必要はありません。

ただ、見た目が非常にいいので新築に取り付けるときには検討したいですね。

また、付けていない状態よりはパイプの劣化を防いでくれるようです。

値段は思ったよりするなあといった感じです。

 

 

最後に

 

なぜこのようなトラブルが多いのかというと、工事を実際に行うのが下請け業者で、

とても安い金額しかもらえません。

 

そこで、追加料金を請求して儲けないと食べていけないのです。

世知辛いですね。

 

なので、工事をする前にしっかり見積もりを出してもらって

相談しながら納得したうえで依頼するようにしましょう。

 

無料の一括見積もりサービスはこちら >>>

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ